ガスメーターの役割|ガスの基礎知識|堀川産業のエネクル

エネルギーで、快適な未来をつくる

堀川産業のエネクル

ガスの基礎知識

ガスの基礎知識

ガスメーターの役割

ガスメーターの役割は大きく分けて、二つあります。
一つは、「ガスのご使用量を測る」役割。
そしてもう一つは「皆さまの安全を見守る」という役割です。皆様にLPガスを、より安全に、より快適にお使いいただくために、ガスメーターには様々な保安機能が付いています。
ガス漏れなどのガスご使用状況の異常や地震の揺れなどを感知するとガスメーターが自動的にガスを止めます。
またガスを止めた理由をセキュリティ表示部分でお知らせします。
皆様の安全で快適なガスライフを、ガスメーターがサポートします。

ガスメーターはこんな時にガスを止めます

●ガスが大量に流れた時
ガス栓の誤開放やゴムホース抜けなどでガスが
大量に流れた場合、ガスを止めます。
●ガスを長時間使用した時
ガス器具の消し忘れなどで一定のガス流量を連続
して長時間使用し続けた場合、ガスを止めます。
●地震を感知した時
ガス使用中に震度5相当以上の地震を感知した
場合、ガスを止めます。

ガスが止まったときの復帰操作
[LPガスの場合]

ガス栓・器具栓を全て閉めてください。

ガス栓・器具栓を全て閉めてください。 ガスくさいときやガス漏れ警報器が鳴ったときは、窓やドアを開けて十分に換気を行い、ガスを追い出してください。 このとき、換気扇・コンセントの差込み・スイッチには触れないでください。

ガスメーターの遮断弁開スイッチを押してください

ガスメーター前面左側の遮断弁開スイッチ(黒い部分)を押してください。
赤いランプの点灯を確認したら、手を離して1~2分間お待ちください。
ガスメーター前面の液晶の「ガス止」の表示が消えて、セキュリティ表示部分と
赤いランプが点滅します。
ガスメーターがガスの安全を確認すると、セキュリティ部分と赤いランプの点滅が消え、ガスが使用できるようになります。
※押し続けたり、なんども押したりしないでください。
※上記の操作を行っても復帰しない場合は当社へご連絡ください。

ガスが止まったときの復帰操作
[都市ガスの場合]

赤ランプの点滅を確認します。

5秒間隔で点滅します。
※ガス臭いときは以下の復帰の手順の操作は行わず、
最寄りのガス事業者へご連絡ください。

ガス栓・器具栓を全て閉めてください。

ガス栓・器具栓を全て閉めてください。 ガスくさいときやガス漏れ警報器が鳴ったときは、窓やドアを開けて十分に換気を行い、ガスを追い出してください。 このとき、換気扇・コンセントの差込み・スイッチには触れないでください。

復帰ボタンのキャップを外し、
復帰ボタンを押す

復帰ボタンのキャップをはずし、ボタンを奥までしっかりと押し、
すぐに指を離します。赤ランプが再び点滅します。
キャップを元に戻します。

ガスを使用せず約3分間待ちます。

この間はガスを使用しないでください。
3分経過後に赤ランプの点滅が消えていればガスが使えます。
※3分以上表示ランプの点滅が続くときは、ガス器具の閉め忘れがないかを再確認し、復帰の手順をもう一度行ってください。
※地震の後にガスをご使用になる際は、ガス機器・接続具や給排気設備に異常がないかご確認ください。 ※それでも正常に復帰しない場合は堀川産業までご連絡ください。