ガスもれ・災害時にすること|ガスの基礎知識|堀川産業のエネクル

エネルギーで、快適な未来をつくる

堀川産業のエネクル

ガスの基礎知識

ガスの基礎知識

ガスもれ・災害時にすること

ガスくさい時は

火気は絶対に使用しないでください。

※着火の原因となる火や火花がでるものには絶対に手を触れないでください。
火花が飛ぶ可能性があるので、換気扇、電灯等のスイッチには絶対に手を触れないでください。(ON・OFFする際に、小さな火花が出ます)

窓や戸を開けてガスを外に出してください。

ガス栓、器具栓を閉めてください。

※LPガスをお使いのお客様は容器バルブも閉めてください。

最寄りの当社営業所まですぐにご連絡ください。

当社社員がお伺いし、安全確認が取れるまではガスは絶対に使用しないでください。

地震の時は

まずは身の安全の確保を取ってください。

机の下などに身を隠し、座布団や雑誌などで頭部を保護します。火のそばにいたときは、すばやくガス栓と器具栓をしめてガスの火を消してください。

揺れが収まったらあわてずガスを止めてください。

火のそばにいないときは、揺れがおさまってからすばやくガス栓と器具栓を閉めて、ガスの火を消してください。大きく揺れているときは危険ですので、火に近づかないようにしてください。 ガス機器の火を消し、電気器具のコードはコンセントから抜きます。

換気扇や電気のスイッチには触らないでください。

ガスのニオイがしたら、窓を開けて換気をし、すぐに堀川産業に連絡をしてください。火をつけたり換気扇や電気のスイッチには絶対に触らないでください。
火花から引火する恐れがあります。

ガスをふたたび使う時は

≪ガスくさくないとき≫
地震がおさまって、ガスくさくなかったら、元栓を開けて使用することができます。ガスがでない時は、ガスメーターの安全機能が作動していますので、メーターの復帰を行ってください。メーターの復帰操作はこちら

≪ガスくさいとき≫
火気厳禁です。ガス機器栓・ガス栓・メーターガス栓を閉め、窓を開けて換気をし、すぐに当社へ連絡してください。換気扇のスイッチには触らないでください。

火災やその他災害の時は

●火災の時

(LPガスの場合)容器バルブを閉め、消防署署員または消火にあたる人に通報して指示を受けてください。

(都市ガスの場合)消防署署員または消火にあたる人に通報して指示を受けてください。

●台風・洪水の恐れがある時

(LPガス)
容器バブルを閉め、容器をロープやチェーンでしっかりと固定をして容器が倒れたり、流されたりしないように注意してください。